11月 012012
 

ある美しい女性がいました。目は丸く、とても美しい美人女優でした。

その女性が、その女優の座を捨てて、北極へ行く事に決めたのです。北極へ行きたいという夢が捨てきれずに、その女性は1億円もの借金をして行ったのですが、今では、10億円近いような額になります。

親に借りたと言いますが、よく親もそんなに多くのお金を持っていたなと思うほどです。

その女優は、そのまま北極へ行き、数ヵ月後に帰国しました。

帰ってきた人々は、その北極へ日本人の女性で初めて行ったという事に驚いたのと同時に、更に驚きがありました。

なんと見た目が、もう太っていて、顔の肌はボロボロの染みだらけになっていたのです。頭はボサボサで、しかも体系もぼってりしています。美しい女優が、一気におばさんになって帰って来たのです。

でも本人の目はとても輝いていました。

私は彼女のようにはなれないけれど、税理士の仕事をしている時に、少しでも輝いていられるように努力をしたいと思います。

 Posted by at 9:33 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.